創文印刷株式会社

HOME
電子ジャーナル
ホームページ制作
講演要旨電子登録
営業案内
会社案内
印刷のいろいろ博物館
印刷と環境
個人情報保護方針
採用情報


創文印刷工業株式会社
東京都荒川区
西尾久7-12-16
TEL : 03(3893)0111
FAX : 03(3893)3603

mailto:soubun@soubun.com
 
電子ジャーナル

▼ 電子ジャーナルのご提案
▼ オープンタイプ (J-ステージ)
▼ J-STAGEの相互リンク
▼ 海外のデータベースサイト
▼ 会員専用タイプ(E-ステージ)
▼ E−ステージ特長

電子ジャーナルの利点
・図書室に行かなくてもいつでも論文が読める
・検索ができる
・冊子体より早く論文が読める
・冊子体より先に論文単位でも発行できる
・未着・欠号などの問題がない
・動画・音声などの電子付録の挿入ができる
・引用文献のリンクができる
・メタデータの流通

電子ジャーナルのご提案
(1) 現在の冊子体のデータをそのまま流用
一部検索用に切り分けファンクションを挿入するだけで現在の編集・製作の流れで電子ジャーナル化が可能。(入力・編集・出力は同じ最終段階で紙媒体と電子媒体に出力する)
(2) オープンタイプ(J−ステージ)
世界各国の電子ジャーナルサイト上の論文と相互にリンクします。
引用した論文へのリンクが張られ、国内外のサイトの論文まで閲覧することが可能です。
オンラインジャーナル化することで海外からも読まれます。
(3) 会員専用タイプ(E-ステージ)
電子ジャーナルサイトは、会員のみがパスワードで管理されたサイトを利用できます。
インターネットサイトでいつでも論文の閲覧・検索(キーワード・著者名・全文検索等が可能)・テキスト抽出・ペーパーでの出力やデータのダウンロードが可能です。パソコン上で学会誌のバックナンバーから電子辞書的に瞬時にあらゆる検索が可能です。また各種のセキュリティーで閲覧制限が可能(閲覧まで可能で、出力が出来ない、テキストのペーストが不可、その他ウォーターマーク付けなどの出力条件付けが可能。
(4) 検索力のアップ

(2)・(3)で説明した通り、電子ジャーナル化することで、増大する論文情報の保存が省スペースでありながら保存量はほぼ無限大となります。またその無限大のデータからほしい情報がパソコン上で瞬時に絞り込み検索が出来ます。データの閲覧・その引用の為のデータのテキスト抽出が可能になります。

(5) 製作コストの低減
製作コストが郵送料も含めたトータルコストで冊子体より軽減される。
(6) 論文公開のスピードアップ
冊子体より論文公開スピードが早くなります。冊子体の発行前に論文単位の発行が可能です。

ページのトップへ

オープンタイプ(J-ステージ)                詳しく知りたい方はこちら
J-STAGE
(Japan Science and Technology Information Aggregator,Electronic)
「科学技術情報発信・流通総合システム」
JST(独立行政法人学術技術振興機構)が運用するサイト

 電子ジャーナルは、すでに欧米を中心に2500誌以上が電子化され、インターネット上で提供されています(1998)。これらの電子ジャーナルに付加価値を付けて情報提供しているのが欧米の民間科学技術出版社や欧米の主要な学会です。(※下記の表1を参照)

このように欧米の出版社や学会に比べ、我が国の電子ジャーナル化は遅れていました。その理由は独自に電子ジャーナルを作成するためのノウハウが欠けていたためです。我が国では文部科学省の国立情報学研究所が電子図書館として公開していましたが、まだ不十分でした。このままでは電子化時代に大きく取り残されてしまいかねないことから、これを打開するため新たに(独立行政法人学術技術振興機構)が「科学技術情報発信・流通総合システム」J-STAGE(Japan Science and Technology Information Aggregator Electronic)電子ジャーナル共同利用センターを開発しました。

 このJ-STAGEは、科学論文の電子投稿機能、編集審査支援機能、工程管理機能、電子ジャーナル制作支援機能、引用文献リンク作成機能、電子ジャーナルの検索・閲覧機能、アラート機能などを備えた総合的な電子ジャーナル作成・流通システムです。このシステムは共同利用センターとして運用され24時間365日公開されています。

 弊社では、J-STAGE共同利用センターのサイトを利用することで電子ジャーナルの持つ情報機能を十分活用できると判断し、その環境を皆様へご提案とサポートをご提供することが有益なサービスと考えました。またこのサイトは公的機関が国家的プロジェクトとして公益を目的に運営開発しているサイトですから、その信頼性や技術開発力など最も質の高い信頼できるサイトと判断しております。弊社は初期段階から、このサイト利用のための研修を重ね、弊社編集組版システムとJ-STAGE側の編集ツールとの互換性やデータ変換ソフト開発など行ってまいりました。

※表1 海外の電子ジャーナル提供先と電子ジャーナル数
提供機関 提供名称 雑誌数
出版社 Elsevier Science Inc. 1,200
  Kluwer Academic Publishers 739
  Springer Verlag 480
  Wiley 380
  Academic Press Inc 345
  Blackwell 278
大学 Oxford University Press 184
  MCB University Press Ltd 138
学会 American Chemical Society(米国化学会) 30
  Royal Society Chemistry(英国王立化学会) 28
  AIP(米国物理学協会)  
  IEEE(米国電気・電子技術者協会) 25

ページのトップへ

J-ステージの相互リンク
相互リンクとは?
相互リンクとは、ある電子ジャーナルから、外部サイトへ引用文献などをリンクするだけでなく、外部サイトからもリンクされることです。
J-STAGE
   
海外のリファレンスサイト(提携先)
ChemPort Cross ref Pub med Jois Link
   
海外の電子ジャール

ページのトップへ

海外のデータベースサイト
J-STAGEと相互リンクする海外のデータベースサイト(提携先リファレンスサイト)

リンクサイト サイト概要 ジャーナル数
ChemPort ChemPortは、STN(日本のJST・米国のCAS(Chemical Abstracts Servics)・ドイツのFLZ-Karlsruheが共同運営している科学情報ネットワークセンター。
2億件の文献データが収録されています)の検索結果から全文へのリンクなどを行うゲートウェイサービス(データベースから全文へのゲートウェイ電子論文の1部売りがあります)
参加出版社:123
ジャーナル数:4100
Cross ref Cross refは、米国のNPOであるPILA(Publishers International Linking Association,Inc.)の運営する引用文献リンクのための書誌事項データベース。
運営には、AAAS(Science)、AIP、ACM、Blackwell、Publishers、Elsevir Science、IEEE、Kluwer、Nature、OUP、Sage、Springer、Wileyなど212出版社が参加。
参加出版社:212
ジャーナル数:7600論文数:750万
Pub med Pub medは、米国国立医学図書館のNLM(National Library of Medicine)が運営する文献検索システム(無料)。世界最大の医学系文献データベースである。 ジャーナル数:4600誌
抄録数:1,200万件
Jois Link JOIS(JST Online Injormation System)は、JST(独立行政法人科学技術振興機構)が提供しているゲートウェイサービス。科学技術に関する文献など8,000万件のデータから検索するサービス(有料) 文献数:8,000万件

実際の運用例
■ 日本家禽学会誌 The Journal of Poultry Science
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jpsa
■ 日本農業気象学会誌 Journal of Agricultural Meteorology
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/agrmet

ページのトップへ

会員専用タイプ(E-ステージ)

Eステージは弊社のWebサーバーで独自に開発した検索ソフトで運用している電子ジャーナル専用のサイトです。
このサイトは、利用者をパスワードとIDで制限した会員専用のサイトです。

冊子体(ペーパー誌)の編集・印刷・製本
   
(ペーパー誌)の発行・発送
データ流用
     
E−ステージ運用サーバー
(1)検索システム運用 (2)データベースの蓄積・保管 (3)24時間365日管理運営 
   
学会ホームページから会誌をクリック(Eーステージへリンク)
     
会員は学会ホームページからパスワードでアクセスします。

ページのトップへ

E-ステージ特長
(1) インターネット上で、24時間365日アクセスが可能
電子ジャーナルは、インターネット上で、24時間365日アクセスが可能です。(図書室へ行かずに雑誌閲覧ができます)
(2) 電子ジャーナルとしてさまざまな付加価値情報を提供
■検索機能:
キーワード検索・全文検索・著者名検索・所属検索・巻号等での検索(全巻をデータベース化してバックナンバーからの検索を推奨)

■カラー写真・拡大縮小:
冊子体では費用の制限からモノクロで掲載されても電子ジャーナルでは写真は全てカラー写真となり、必要に応じて写真の拡大も可能です、また動画の挿入、高解像度写真を添付するなど冊子体では困難なことが今後は可能となります。

■保管スペース:
バックナンバーの保管スペースが、最小限になります。また過去の冊子も電子ジャーナル化(検索機能を付加した)することでデーターベースが充実します。

(3) セキュリティー(パスワード・IDでセキュリティーレベルを設定)
(A)論文の閲覧範囲を部分的に制限する
(B)論文の全文閲覧は出来るがプリントアウトは不可とする
(C)全て出来るがプリント出力するとウォーターマークが入る
(D)全て出来るがプリント出力すると写真だけは印刷されない
(E)プリント出力まで全て出来るがテキスト抽出は出来ない
(4) 簡単に運用。設定はほとんど不要

現在使用中のお客様の学会ホームページに(電子ジャーナル)ボタンを設定するだけで完了。

閲覧者はお客様の学会ホームページを開くだけで電子ジャーナルの各種機能が利用できます。(別のサイトへ移動することなく、学会ホームページの中で電子ジャーナルを利用できます)

(5) 電子ジャーナルの何でもご相談下さい
Eステージデータベース運用サイトは、弊社でご提供致します。学会様独自で運用される場合は、いつでもデータの返却および運用支援を行います。また編集ツールやシステムの相談、検索ソフト提供のご相談も行います。
(6) お客様データに対する弊社の見解
弊社でお作りしたお客様のデータベースは全てお客様にその知的財産権は帰属しているとの認識から、いつでもご返却に応じます。またデータベースはお預かりしているとの認識からその保存・バックアップ・セキュリティー・個人情報保護には万全をきしております。

■実際の運用例
サーチPDF Web
■詳細は

ページのトップへ

Copyright(C) 2004 Soubun Printing Co., Ltd. All Right Reserved.
創文印刷工業株式会社ホーム